スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ただちのねこぶろぐ#4

こにゃにゃちはー、最終講義も自宅謹慎、ただちです!
今日はとくに前振りもなく、さっくりいっちゃいます。
というのもわけがありまして・・・
それがこちら!

*********************
クラシックコンサート@ラビット

2011年1月21日(金)20時半開演
富士ラビット2階 喫茶ラビットにて
1000円+お飲み物代
「喫茶ラビット」場所→七条新町 西南角(なか卯のビルの2階)
下京区七条通新町西入夷之町721(京都駅から徒歩7分)

曲目:三段の調べ/久本玄智
   箏と三絃のための嬉遊曲/船川利夫
   春の海/宮城道雄
   萌春/長沢勝俊
   町へ/ジョン・海山・ネプチューン

出演メンバーは、お箏の王子様テツさん、三味線ロッカーハマーさん、そして尺八吹きまちこです。
皆様お誘い合わせの上、お気軽にお越しくださいませ。
*********************

みなさま今宵は京都駅で集合で!

まぁ私は行かないんですけどね!
・・・というのも、今日の更新が早いのも、別の理由があるからなんですね。
それがこちら!

福岡へ出稽古

です。これはまんざらの活動ではなく、ぼくが所属する社中(習い事の教室みたいなもんだと思ってください)のおさらい会の練習です。
そのため、今夜から夜行バスで福岡へ向かいます。だから夜の更新ができないってわけなんですね。

加えて明日のための練習も不十分なので、とっとと練習しなきゃなんない!また師匠にいびられる!!
というわけで簡素な内容となっております。書くことがないからじゃないんだからっ!
・・・そろそろこのキャラもしんどくなってきましたね☆

それでは今日のにゃんこのコーナー!
・・・の前に、昨日触れた血統のお話をちょろっと。
血統の管理をCFAが行っているというところまでは修得済みですね?
血統の管理、つまり血統猫を表現するには要件があります。それがこちら!
ここ、期末テストに出しますよ~

*************
毛の長さ:ロングヘア
     ショ-トヘア
顔や体型:(顔型)丸、三角、四角
     (体型)オリエンタル・タイプ{細長い}
         コビー・タイプ{ずんぐりしている}
毛色  :ポイントカラー
     スポッテッド(斑点)
     ブルー(灰色)
     シール(アザラシ色)  
猫種固有の特徴:耳折れ、無尾、剛毛、無毛、縮毛
*************

といった細かな特徴を取り上げて、同じ特徴が固定されている品種を血統猫といいます。血統書として信頼がおける基準は、4世代に亘って同じ特徴が維持されていること、のようです。

ねこぶろぐ#1でもお話ししたように、猫は生物の分類では一族一種のネコ科(イエネコ属)動物です。血統猫とは、人がそれぞれの特徴を確立して区分されているわけです。つまり全ての血統猫は、人の管理を離れて交雑すると、その特徴を失い、いわゆる雑種、うちのみぃちゃん(10さい、女の仔)みたくなっちゃうのです。

しんじられない。
神をも畏れぬ以下略。

血統の維持は、おのずと近親での交配が行われるため、遺伝的に体が弱いものが多く出ます。だから雑種は強いっていわれるんだね。
その雑種の中でも強いのが・・・と、これはまた後日としましょう。ねこのカラーリングの仕組みも話しちゃうからお楽しみにね!

ではではお待ちかね、今日のにゃんこのコーナー!
今日ご紹介するおねこさまはこちら!
Munchkin_large_2.jpg
ねこ界のダックスフント、「マンチカン」!

どんなねこかといいますと、
「マンチカン(Munchkin)は、北アメリカに起源を有する猫の一品種。犬種のダックスフントやコーギーを思わせるその全体像―そして何よりもその短い脚を特色とするこの猫は、その特殊性から長年にわたり論争の的となってきた。
マンチカンという猫種それ自体の歴史は他猫種に比すれば浅いものの、突然変異体としての『短足猫』の存在は古くから確認されてきた。20世紀の記録としては、イギリスのある獣医による『極めて健康的』な個体の発見(1944年)、ソビエト連邦のスターリングラードにおける発見(1956年)、米国のニューイングランドにおける発見(1970年)、そしてこの品種の直接の起源にあたる、1980年代における米国ルイジアナ州での発見の報告などが挙げられる。
その本格的な繁殖が始まったのは、1983年に米国ルイジアナ州で突然変異の短足猫が発見されてからのことであった。トラックの下で暮らしていたところを保護されるに至ったその猫は、それから様々な研究の対象とされ、遺伝学上の検査の結果において健康体であることが確かめられた。そしてこれと通常の脚を有する個体との交配が試みられたところ、同様の短い脚を持つ子猫が誕生したのである。
やがてブリーダーの主導によるこの突然変異体を用いた異種交配の計画が始動。これは論争を巻き起こした。その骨子は、これを積極的に肯定する陣営と、遺伝的な異常であるからして公認は避けられるべきとする陣営との衝突であった。
そうして1980年代から北アメリカの地にて繁殖が続けられた末に、1995年―ザ・インターナショナル・キャット・アソシエーション(TICA)から『新種』としての認定を獲得したのであった。」

だとウィキペ先生がおっしゃってます。
ここにでてくるTICAは、CFAと同じくらい大きいねこ管理団体です。CFAとTICAは血統の評価基準がちょっと違うから、気になるひとはググッてみてね♪

と、まぁ、いろいろ大変な流れがあった品種ですが。足が短い。ねこのくせに。そのギャップだけでごはん3杯はいけますな!とくに写真のような凛々しい顔とださめな短足。アメリカンカールに匹敵する萌え要素です!
アメリカ人分かってるね!ぐっジョブ!!

と、ここでもう一枚、マンチカンの写真をみていただきたい。
img_16.jpg
・・・おわかりいただけただろうか。

そう、耳のたれたマンチカンである!!!!!
きっと我らが代表が愛して止まないマンチカンはこのタイプを指すのであろう。
これはマンチカンとスコティッシュを掛け合わせた仔なんだね。
なので、スコティッシュの顔、耳、ボディにマンチカンの足という神さまからの贈り物に仕上がってるわけです。
もう代表の性癖がバレバレだね!みんな暖かく見守ってあげてね☆

ちなみに私としては、マンチカン×ソマリ、マンチカン×アメリカンカールを強く推す所存である。
神は言った。彼らは福音だと。
信じるものは救われる。

さぁ今日はここまで!
リクエストがあればその仔のことを載っけるから、コメント欄に代表みたく書き込んでね!
ではでは福岡にいってきまーす。
まちこ、はまーさん、てっちさん、演奏がんばってください!!

あ、というわけなので明日明後日は福岡滞在&移動のため更新できません。
ごめんなさいー
スポンサーサイト
黒猫推し

ネタが無い様には見えません。

腹立たしい程素敵な猫を有難うございます★\(妬ましい)/

足が短い足が短いって、人間だって足が短あああ石投げないで!!!

……とにかく、何世代も特徴が出れば、認められるですね。

確かに可愛い特徴の子は、誰もが一緒に居たいと思いますが、所詮人間の身勝手……とか思うと、人間、なんて酷いんだ、と。

思ってしまいます。



私が小学生の頃読んでいた動物図鑑には、猫の頁がありまして。

ロシアンブルー!!!

携帯の予測変換にも入ってるロシアンブルー!!!

好きです★

ロシアンブルー!!!\(落ち着け)/

2011.01.21 22:05 黒猫 #mn6gys/M URL[EDIT]

>>くろねこさん
リクエストありがとうございます!
次回担当週にご紹介しますね~

2011.01.27 21:53 ただち #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。