ただちのねこぶろぐ#3

引き続き想像していただきたい。
男は部屋に一つしかない飾り窓から中庭に目線を落としている。
そこには小さいながらも泉があった。
かつては澄んだ湧き水が潤沢に溢れ、蝶よ花よと咲き乱れていたであろう水辺も、ここ数日の湿度20%以下という乾燥警報が発令され続ける日々のせいか、枯れきっている。いまは中央になんだかよくわからないねばねばしたものが凝っているだけである。
男の凛々しい眉も、いまはどこかなさけなさを感じさせる。
時おりなにか光ったものをみつけたと思い立ち上がろうとするも、それは気のせいだったり、捨てられたプルトップだったりした。
男は時から外れたように、いまも枯泉を眺め続ける。
当然のことだが、その男は私ではない。ゆめゆめ注意されるよう。
私だと思った不届き者は前に出ろ。

こんばんにゃー、ひきこもり生活も折り返し3日目、ただちです。
更新3日目ともなると普通はネタの泉も干上がっちゃうよね!ぼくは大丈夫だけどね!
気づけばCJST26:00を回ってしまいました。・・・ネタがみつからなかったからじゃないんだからっ!
ちなみにCJSTってのはCrazy Japanease Standard Time の略なんだね。最近よくみられる標準時表記で、24時以降も時間表記を続ける日本の習慣に対する欧米列強の「一日は24時間だろw時間もわかんないジャップバカじゃねーのw」というタテマエに隠れた「なんて実用的な表記なのかしら!分かりやすい上に個人の生活スタイルまで感じさせるなんて素敵!Cool Japan Love!」というホンネが隠されてるんだよ。
ひとつ賢くなったね!

あんまりぐだぐだ言ってますと代表の以下略なので、さっそくですが昨日の続きの話をしましょう。

私と京女の仲を引き裂き、うちのみぃちゃん(10さい、女の仔)を雑種呼ばわりする悪の組織とは何なのか。
それではご紹介しよう。

その名も「CFA」!

正直何のことやら分かんないと思うので、また剽窃してきました。今度はCFAのジャパンリジョンからだよ!

「CFAとは、その正式名称「THE CAT FANCIERS' ASSOCIATION, INC.」の頭文字3文字をとった通称名です。この団体は1906年に創立され、2004年現在、米国ニュージャージーに本部ビルを構えています。
CFAは、猫の品種改良により遺伝的な欠陥を排除した各種血統猫の健康促進を最大の目的とし、アメリカ全土、カナダ、南米、ヨーロッパ、アジア、ロシア、および日本に、その所属クラブ600以上を数える、世界最大の愛猫協会として活動する非営利団体です。
一般的に知られている純血猫種の血統登録書の発行、米国をはじめとした世界各国でのCFAキャットショー開催、猫に関する書籍・ビデオの発行以外にも、ウィーンファンデーションを代表とした動物愛護にも力を入れています。」

だそうです。またひとつ賢くなったね!

つまりはこの団体が血統の認定をしてるわけです。
FCAのせいでいろんな特徴をもったかわいこちゃんが巷に溢れておじちゃんもうしんぼうたまらん!となっちゃうわけです。
しかたないね、悪の組織のせいなんだから。
FCAのせいでぼくがまだひよこまめのように小さくてほわほわした生き物だったころ、ねこアレルギーで涙と鼻水で顔をべちゃべちゃにしながら「かわいいにゃー、かゆいにゃー、でもかわいいにゃー」とぷつぷつ言いながらこっそり仔猫にえさやりしちゃうわけです。
おそるべし。許すまじ悪の組織。

じゃあ血統てなんやねん、て話になるんですが、それはまた後日としましょう。聴くも涙、語るも涙の感動秘話がそこには…ないんだけど。

ではみなさんお待ちかね、きょうのにゃんこのコーナー!
今日紹介するのはこちら!
image.jpg
マニア垂涎、代表も垂涎「スコティッシュフォールド」!
どんなおねこさまかと言いますと、
「スコティッシュ・フォールド(Scottish Fold)は、イギリスにその起源を有する、猫の一品種。スコットランドで発見された突然変異の猫の個体から発生したこの品種は、折れ曲がったその独特の耳を何よりも際立った特徴としている。
『折れ曲がり』を意味する英語の『フォールド』という名が説明するように、なによりの特色はやはりその特有の耳―前方に向かい折れ曲がりながら垂れた耳である。 加えて短めの首や丸い顔、丸みを帯びた小柄な身体も独特のものであるとされている。『耳の先に触れることなしに頭上に手を乗せることのできる唯一の猫』でもあり、小さく折り畳まれた耳に大きな眼という特徴から、その外観は『フクロウのよう』などと形容されることがある。」
らしいよ。

以上、信頼のウィキペから。
その折れ曲がった耳と、ちょっとぶちゃいくな平面顔、独特なおっさんみたいな座り方、のんびり屋でとてもひとなつっこい性格から近年日本でもダイブレークし、好きな人はほんとに好きな品種です。
ぼくはねこも女性もシャクシも「かわいいよりきれい」「天然より賢い」「あかるいよりおとなしい」ほうが好みなので、スコティッシュフォールドはあんまり・・・と、思いきや、やっぱりかわいいので好きです。かわいいは正義!俺が正義だあああああああ震天動地!!
と価値観に変動がおきるくらいかわいいです。耳をふにふにしてしまったら最後、あなたもとりこになるでしょう。

今日は特別にもう1品種、紹介します。
それがこちら!
060805a.jpg
・・・おわかりいただけただろうか?

そう、耳が外向きにカールしているのである!
スコティッシュとは逆向きにカールする耳をもつこのねこ、その名も

「アメリカンカール」

・・・スコティッシュと同じほど安直な名前である。
どんなねこかといいますと、ウィキペ先生いわく、
「新しい品種で、1981年にカリフォルニア州レイクウッドのルガ夫妻の家に迷い込んだ、黒く長い毛を持った雌の子猫が発祥である。この子猫は外向きにカールした耳を持ち、シュラミス(Shulamith)と名づけられた。その後、成長して4匹の子猫を生み、このうち2匹がやはり外向きにカールした耳であった。この子猫たちを基礎として、品種の固定と改良が行われ、その後新しい品種として各団体に認められた。したがって、アメリカンカールは、すべてシュラミスの子孫である。」

御託はどおでもいいんだよ。どうだこの凛々しさと間抜けさを併せ持ったお姿。一発で左胸を撃ち抜かれたことだろう。これをかわいいと思わない人なんて人じゃねぇ!
ちなみにスコティッシュは耳の病気にかかりにくくて、アメリカンはかかりやすいんだって。そりゃそうだ。
まだ日本にはあんまりいないのではないかと思います。ぼくもまだみたことがありません。

一度は会ってみたいにゃーかわいいにゃーかゆいにゃー

というわけで今日はここまで!
明日は諸事情でちょっとはやめに更新します!

ここまで読んでくれた読者のみなさんに耳寄りな情報をひとつ。
冒頭のCJSTが世界で初めて使用されたのはこのぶろぐなんだよ!
しったかしてこのぶろぐを読んでない人前で使うと夜中にベッドの中で思い出し悶えすることになるから気をつけよう!
ではでは~

スポンサーサイト
猫可愛い

ブログにコメントするのは初めてです、黒猫と申します。

ね、猫可愛い猫可愛い!!!なテンションでもう……っ!!!

とか萌え萌えしてる前で、高校生がモンハンの奪い合いをしている電車内……。

まさにカオスです。

スコティッシュを紹介する写真が異常にかわゆす★で、不細工とか云うなあぁーっ!!!(がくがく)

昔は血統が大事にされてたけど、今は違いますよね。

まぁ、猫に限らず、種の保存は大事だと思いますけど。



猫は飼われていても、獣のままだと聞きました。

媚びない処が良いですね★
てゆか、時間表記、すっごい信じてたんですけど……。

「へぇー、ただち君やっぱり色々知ってるんやなー。凄いなぁー★ ……クレイジーって入ってるけど、問題ないのかな……」

と思ってたんですけど!!!

騙された!!!

黒猫さんの純粋な乙女心を返して下さい!!!(T皿T)

若しくは猫カフェに連れて行きなさい!!!\(図々しい)/

2011.01.21 09:01 黒猫 #- URL[EDIT]
垂れました(〃ω〃)

早速リクエストに応えていただきありがとうございます

あぁ~かわいいかわいいかわいいやばいほしいだっこしたい└(゜Д゜└)
この失った理性、どうしてくれるんだ

2011.01.21 13:39 しもでぃ #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する